ひろのLIFE

40代家族4人でのキャンプ、旅行をメインとして、車メンテナンス/神戸市周辺の情報 / 資産運用(日本株、中国株、米株)を書いていきます。

飛騨古川 一位一刀彫師が手彫りする 「ほっとする店」

f:id:hiro-life:20210811230104j:plain

飛騨古川駅周辺は、古い白壁やコイが泳ぐ水路があり情緒豊かな町並みが残っています。その中にフクロウの絵が看板のお店がありまして、木製の手作りアクセサリーとフクロウの画がメインのお店がありましたので入ってみました。

 

「ほっとする店」について

ヒノキの一枚板で作った『福まねき猫』の看板が目印の店舗です。飛騨の伝統工芸に、一位一刀彫があり、その彫刻細工を販売しています。

 

f:id:hiro-life:20210811230057j:plain
f:id:hiro-life:20210811230132j:plain

アクセス

  • 住所:岐阜県飛騨市古川町壱之町5-5
  • 営業時間:10~16時
  • 定休日:不定休
  • 駐車場:なし

一位一刀彫とは

一位一刀彫(いちいいっとうぼり)は、岐阜県飛騨地方で作られている木工品です。岐阜県の県木であるイチイの木をノミだけで彫り上げる作品で、彩色は施さずに木目の美しさを活かします。

「イチイ」の名前は、約800年前の天皇即位の際にこの木を用いて作られた笏(しゃく)を献上したところ、その美しさと質の高さが「正一位」という最高位を与えられた出来事が始まりです。

一位一刀彫の特徴は、飛騨の銘木の中でも樹齢400年から500年を経た貴重な木材を利用することです。イチイの木は、内側の赤っぽい「赤太」と、外側の白っぽい「白太」の2色の部分に分かれているため、絶妙な色合いが作品に個性を出しています。

一位一刀彫は年月とともに木そのものの色合いが変化し、光沢が出てくることも魅力です。伝統的な根付や置物、茶道具などのほか、近年では時代に合わせて携帯電話向けのアクセサリーなども制作されています。

 

どんなものを販売しているの?

置物や木製アクセサリー、動物や植物などの自然をモチーフにした愛らしい一位一刀彫の作品が並ぶ。和紙に、ふくろうを描いた『手がき画』も人気ですべて手描きです。サイズもしおりから色紙等、7種類のサイズがあり、ムクの木を使った額入も扱っています。店内には、黒柿等を利用して制作したクラフト作品もあり、すべて店長の手作り作品となっています。

 

f:id:hiro-life:20210811230024j:plain
f:id:hiro-life:20210811230032j:plain
f:id:hiro-life:20210811230038j:plain
f:id:hiro-life:20210811225949j:plain
f:id:hiro-life:20210811230117j:plain
f:id:hiro-life:20210811230051j:plain
f:id:hiro-life:20210811230004j:plain
f:id:hiro-life:20210811225942j:plain


フクロウの画を購入しました

可愛らしく、玄関にちょうど良さそうなので購入しました。子供がお手頃な値段の中から、気に入ったのを選びました。

f:id:hiro-life:20210813114023j:image