ひろのLIFE

あまりにも酷い文章力を、少しでも向上させるためにブログを始めました。40代家族4人でのキャンプ、旅行をメインとして、車メンテナンス/神戸市周辺の情報 / 資産運用(日本株、中国株、米株、FX)を書いていきます。

Jumper EZBookと比較して悩んだ結果、Chuwi LapBook SEを購入した理由。

f:id:hiro-life:20190627173841p:plain

サブノートPCを2~3万円代と安くでamazonを物色していました。今まで怪しいと無視していた中華系メーカーを調べると、そこそこ使えるのではないかと思い、その中でも人気のChuwi LapBook SE、Jumper EZBook 3PRO、Jumper EZBook X3、Jumper EZBook S4、Jumper EZBook X4、Jumper EZBook X4 PROが候補にあがりました。そして本日Chuwi LapBook SEに決定しポチりました。

どれも魅力的な製品なため難しい選択となったのですが、いろんなブログを参考にしてJumper EZBookではなくChuwi LapBook SEを購入した理由を記載します。

 

  

ノートパソコンで すること

f:id:hiro-life:20190627173944j:plain

私はパソコンに詳しくはありません。

 家電量販店で購入してそのまま使用する素人です。することといえば下記の内容です。

  • ネットサーフィン
  • 動画閲覧(YouTube)
  • エクセル、ワード
  • ブログ
  • 簡単な写真編集

上記の使用なら安いものでも十分なのですが、今回、商品を選ぶ項目の優先順位は下記の内容です。

  1. 液晶サイズは13.3インチもしくは14インチ
  2. できれば液晶はIPS
  3. マルチコアスコアは高め 

 このように素人感覚で検討してみました。

 Chuwi LapBook SEに決めた理由

Chuwi LapBook SEに決めるのに比較検討したものは下記の商品です。

候補選びにむつかしかったのは、アマゾンの評価とブログからしか情報が無いことです。

また、スペック情報をgetしても購入者のレビューで確認しないと、実際のスペックが違うこともあるそうです。

そこでレビューから一覧表を作成して最終決定を下しました。

  • Jumper EZBook 3PRO
  • Jumper EZBook X3
  • Jumper EZBook S4
  • Jumper EZBook X4
  • Jumper EZBook X4 PRO

 検討の結果で購入の決め手になったのは下記の3つです。

  1. 13.3インチ
  2. 液晶画面 1920×1080 IPS
  3. マルチコアスコア

 

デザインなどは似たような物なので気にしていません。

 

Jumper EZBook 3PRO

 Jumper Ezbook 3 Pro ノートパソコン PC ラップトップ WIN10 6GB RAM+64GB ROM Intel Apollo Lake N3450 13.3インチ 1920*1080 FHD デュアルWIFI BT4.0 HD

13.3インチ IPSに、Apollo Lake N3450、メモリ 6GB、ストレージ 64GB (M.2 SSD 増設可能)、全面アルミ製のEZBook 3 Pro。かなり評価が高いのですが、Amazonレビューでは高い評価が多い一方、否定的な見解も散見されます。

 

▲▼Amazonレビューコメントで気になったのは以下の記載。

  1. 起動してから数分でフリーズを繰り返し、使い物にならなくなった。
  2. 何度もブルースクリーンになるので初期化を試みるも処理中にエラーが発生。
  3. ブルースクリーンエラーが多発。メモリーマネージメントエラーとなり、メモリーチェックをしてみると、ハードに問題ありの診断。

なんか嫌な症状ががチラホラとありますね。

 

Jumper EZBook X3

Jumper EZbook X3 13.3インチFHD IPSのUltrabookノートパソコンのWindows 10のノートのIntelプロセッサ2.4GHzの6GB DDR3 RAM 64GB ROM (6GRAM, 64G)

Jumper EZbook X3 13.3インチFHD IPSのUltrabookノートパソコンのWindows 10のノートのIntelプロセッサ2.4GHzの6GB DDR3 RAM 64GB ROM (6GRAM, 64G)

安い13.3インチノートをお探しなら、購入も大いにありの商品です。

Apollo LakeのなかでもエントリーなN3350を搭載することから、当初は魅力薄に感じていたX3ですが、M.2 SSDを増設可能であることにより、また、外観も良くて魅力度を感じるX3。2019年6月28日現在、26,800円であることを踏まえるとコスパも高そうです。

 

Jumper EZBook S4

 Jumper EZbook S4 14インチノートブックPC FHDスクリーンラップトップインテルGemini Lake N4100 Ultrabook 4GB/8GB RAMデュアルバンドWiFiコンピュータ (4GRAM, 64G)

 

14インチのディスプレイは視野角の狭いTNパネルであること(Amazonには明記なし)、プラスチックボディであることが残念な仕様ですが、Gemini Lake N4100にメモリ 4GB / ストレージ 64GB eMMC または128GB SSDとまずまずの構成。Amazonレビューコメントは「アプリを読み込まない」とのコメントがあります。

 

▼128GB版の2018年12月9日時点の価格は32,457円と、海外通販サイトと大きく変わらない良心的な価格です。なお、メモリは4GB/8GBの表記がありますが4GB固定です。製造の段階でオンボード 8GB版も製造可能との意でしょう。

 

 

Jumper EZBook X4

 Jumper EZbook X4 14インチFHDノートパソコンIPS画面ノートブックバックライトキーボードデュアルバンドWifiウルトラブック128GB Celeron J3455 6G 金属シェル

 

MacBookそっくりながら本物を超えるキーボードを載っけたり、CPUは最新のCeleronのCPUだったりと感心するあまりです。

ブラウジングや文書作成なら余裕の性能なので、GPUを使わない用途であればMacBookなどのお高いPCを買うよりオススメです。

 

Jumper EZBook X4 PRO

 

f:id:hiro-life:20190627183529j:plain

CPU,SSD搭載にひかれたのですが売り切れで候補から外しました。

f:id:hiro-life:20190627183544j:plain

スペック

まとめ

 Amazonで販売しているJumperのパソコンのうち5製品について、ブログの評価と一部のAmazonレビューコメントについて確認しました。今回確認したなかでは、多くの人が満足しているEZBook 3 Proと悩みましたが、もし初期不良と思われるコメントなければ購入していたかもしれません。